第14回 the Project M 活動ご報告

東京都モラロジー青年クラブは11月20日(日)、東京ブロック主催の「The プロジェクトM」を開催しました。

プロジェクトMは、テーマに対して各事務所の青年が勉強会を行い、その成果を発表する毎年恒例の行事です。

%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%ad%e5%86%99%e7%9c%9f2

第14回となる今回のテーマは、生誕150年記念に即して「廣池千九郎」となりました。

加えて、今回は博士の業績や事績を年代ごとに分け、事務所ごとに発表内容を指定する方式を採用。

明治16年「小川含章先生との出会い」から始まり、昭和13年「辞世の句」に至るまで、代読を含めて18事務所が博士の生涯を紡ぎました。

%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%ad%e5%86%99%e7%9c%9f1

青年発表の後は、統括としてお招きした廣池千九郎研究室の久禮 旦雄(くれ あさお)講師から、博士が亡くなった後に、廣池千英先生を始め、博士から直々に指導を受けた人々が、どのように研究所と博士の教えを引き継いだのか。

そして、博士の生涯や事績を学ぶ意義とは何か、についてご講話を頂きました。

博士の最高道徳実行の手本はご皇室にあり、我々は博士の事績を学ぶことで、博士を通じて皇室の最高道徳を学んでいる。

久禮講師のお話は、博士の事績を追い、勉強を重ねた青年の皆様に、今回のテーマの真髄を見事に解き明かす内容であったと感じました。

%e3%83%97%e3%83%adm1